このエントリーをはてなブックマークに追加

道に絵本型の小型プロジェクターで文章を投影して、子供と歩く散歩道を絵本にするシステムです。道にあるすべてのものを「絵」に見立て、そこに物語となる「文字」を投影することで、あたらしい絵本を探る試みです。

iPhoneのホーム画面をみるだけで、いまマリーンズが勝っているか負けているかが判ります。

それは「鼻で味わう」という、全く新しい焼肉体験。

南三陸の町や自然を歩きながらまなびをメモするアプリです。

道に転がったオレンジが、勝手についてくる・・・!? Spheroというボール型のガジェットに新鮮なオレンジの皮を被せました。 中身はもちろん、スタッフがおいしくいただきました。

使い捨てコンタクトレンズをつかっている人のためのアプリです。レンズがあと何日つかえるのかがバッジに表示されます。

Qiita週間ストックランキングをアプリでチェック

iOSエンジニア堤さんのための「しゃべる名刺」。名刺サイズがiPhone5Sの画面とほぼ同じ大きさなので、iPhoneの上に置いて使える名刺にしました。その上で、名刺の各所をさわると、小さい堤さんがいろいろしゃべります。

iPhoneを振る速さで、音楽のテンポが変わる指揮体験アプリつくりました。

朝霧JAMをもっと楽しむために朝霧JAM2013 非公式アプリをつくりました。